Header 20210903
逗子移住・なつのブログ
逗子移住

逗子に来てから新しい友達はできた?〜移住先での人間関係を考える〜

My-relationship-after-move-in-Zushi

こんにちは、なつです!

今回の記事のテーマは、移住先の人間関係です。

逗子移住を考えている方の中には、次のような不安を感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

逗子移住を考えているネコくん
逗子移住を考えているネコくん

逗子で一人暮らしをした場合、都内の友達と遊ぶ機会が減ってしまってちょっと寂しくならないかな。

逗子で新しい友達ってできるのかな。

実際に私も逗子に移住する前には、この点が心配でした。

逗子→都内は電車で1時間の距離ですが、東京都内に住む人からするとある意味「逗子は陸の孤島」的な感覚の人も多いようです。

「逗子に住んでいるあいつは遊びに誘っても来なそうだし、誘うのやめとくか・・・。」

という風に、実際には私の知らないところで友達のお誘いが減っている可能性はあります。

今回の記事では、逗子に住んでもうすぐ2年になる私の立場から、移住先での人間関係について私の経験談を書きたいと思います。

古くて“新しい“友達ができた

まず初めに、「逗子で新しい友達ができた?」
という質問に対する、私の答えです。

逗子での新しい友達はまだできていない。
でも、今まであまり会っていなかった昔の友達が、私を訪ねて逗子に来てくれるようになった。

少し縁遠かった友達とのつながりが増えたことを、「古くて“新しい“友達ができた」と解釈しています。それは、逗子に引っ越してきたおかげです。

例えばこんなことがありました。

大学時代に授業で一緒だった友達。共通の友達も多く、大学時代は何度かグループで遊んだことはあったけど、卒業以来、全然会っていなかった友達。お互いのインスタグラムではフォローしているけど、実際に会って遊ぶことはなかった友達です。

あるとき、共通の知り合いの結婚式で、一緒のテーブルに座りました。「久しぶりだよね。今はどこに住んでるの?」という話から、私が逗子に住んでいることを話すと、次の週末には逗子の海に遊びにきたいという話に展開し、実際に逗子で遊ぶことに。

そして、逗子駅で待ち合わせをして、駅前のスズキヤ(地元のスーパー)でビールとおつまみを購入し、逗子海岸へ。ビールを片手に海岸で夕日をみるという充実の休日を過ごしました。彼は、相当逗子を気に入ってくれたのだと思います。その翌月には逗子の山(鷹取山)を一緒に登山しようという話になり、またこちらへ足を運んでくれました。

家族が“頻繁に“訪ねてくるようになった

逗子に引っ越してから、家族が何度もこちらに訪ねてくれました。

私の家族は関西に住んでおり、たまに私を訪ねて東京に遊びにきてくれます。逗子に住む前、私は東京の中央区に住んでいたので、「銀座」「日本橋」「築地」などの観光地にはとても近い場所でした。東京の中央区には3年ほど住んでいましたが、一度だけ私の家に両親が訪ねてきました。

そんな両親ですが、逗子に引っ越してからはまだ1年半くらいしか経っていないのにもう既に2回も訪ねてきました(笑)。

私の家に泊まった後、鎌倉の由比ヶ浜の方に行ったり、北鎌倉のお寺を周ったり、葉山の御用邸を見たり、熱海や箱根の方まで足を運んだりしていて、富士山や海岸で撮った写真を沢山私にとても嬉しそうに見せてきます(笑)。

逗子に訪ねてきてとても充実している両親の姿を、そばで見れて私自身もとても嬉しい気持ちになりました。本当に楽しそうなんです。

逗子に引っ越しただけですが、思いもよらず親孝行が出来ました。以前、東京の私の家に両親が泊まった時は、近くの高速道路の車の音が気になって、夜はあまり寝れなかったと言っていました。まあ私と同じですね。

会社の登山部に誘われるようになった

逗子に住んでから、会社の登山部に誘われるようになりました。

逗子には日帰りで登りやすい山が多いので逗子に住んでいるというだけで、登山部の集まりに呼ばれました。

普段はあまり話せない結構上の役職の人も登山に来ていたので、職場に戻っても、「逗子に住んでるやつ」ということで顔を覚えてもらえるようになりました。逗子に引っ越したおかげで、仕事上の繋がりも増えました。

趣味でゆるく繋がる知り合いができた

こちらに引っ越してから、新しい趣味を始めました。月4回の水泳教室に通っています。

年齢的には上の方が多い水泳教室ですが、毎月顔を合わせていると自然と仲良くなります。

ここ逗子葉山ではSUP(スタンドアップサーフィン)・ヨットなどのマリンスポーツや、登山・ボルダリング(小坪にジムあり)、ヨガ教室(葉山に多い)など、色々な趣味の機会が沢山あるので、好きな人はどんどん人間関係も広げていけるのでは。

逗子葉山で地元の人と仲良くなれそうな場所リスト

最後に私が個人的に気になっている地元の人が集まってそうな場所のリストです。

今は一人で行く勇気が無くて行けてない場所もありますが、今年中にはふらっと行ければいいなと思っています。

距離感が近く、逗子や葉山の地元の人との会話が自然に生まれそうな場所です。

地元の人が集まる場所リスト
  1. 逗子駅前の立ち飲み居酒屋「立ち呑み処 寄り屋」(食べログのサイト)
  2. 土曜だけの珈琲店「アンドサタデー」(お店の公式サイト)
  3. 日曜朝市 葉山マーケット
【葉山朝市】駅から日曜朝市の会場への行き方/買い物のポイントを解説!日曜日は、葉山朝市から一日を始めよう! こんにちは、なつです! このブログでは、逗子や葉山の暮らしについて情報発信してい...

まとめ

逗子に住んでから、友人や家族が訪ねてくれることが増えました。

逗子には海も山もあり、一緒に海岸に行ったり登山したりなど、お互いに共通の目的ができやすい場所です。住む前には思いもよらない気づきや出会いができました。移住先の人間関係も面白くて良いものですよ。

参考

本記事のアイデアは、インスタグラムでご質問をいただいたことがきっかけです。改めて、ご質問ありがとうございました。引き続き宜しくお願いします。

ABOUT ME
なつ
逗子在住、都内勤務です(宅地建物取引士)。2020年に逗子に引っ越してきました。移住初心者の立場や宅地建物取引士の立場から、逗子/葉山/鎌倉の暮らしや観光地について書いています。